東京観光産業ワンストップ支援センター > 支援メニュー検索結果一覧 > AI 等先端技術を活用した受入環境高度化支援事業補助金(令和6年度)
受付中

AI 等先端技術を活用した受入環境高度化支援事業補助金(令和6年度)

旅行業 宿泊業 飲食業 小売業 観光関連施設 その他観光関連事業者
補助金・助成金
経営支援 情報発信 施設・設備整備 ITデジタル化

 東京都では、エリア単位で観光関連事業者等が連携し、AI 等先端技術を活用した観光地の面的な高付加価値化を図る取組を支援します。

支援対象 2者以上の都内事業者で構成される地域グループ
補助対象事業 エリア単位で複数の施設 (ホテル、レストラン、観光施設、商業施設等)が連携し、観光地の高付加価値化に資する先端技術の実装を図る取組

【取組例】
・ AIやIoTを用いたリアルタイムな混雑情報の可視化によるエリア内の周遊や混雑の抑制を図る取組
・ キャッシュレス、チケットレスを可能にする生体認証システムの導入による観光客の利便性向上やエリアの混雑解消を図る取組
・ 電子共通パスのダイナミックプライシング開発による観光収益の最大化や観光需要の分散に資する取組
・XR技術を活用した観光コンテンツ開発による観光地の新たな魅力創出や誘客促進を目指す取組 など

補助限度額 4,000万円
補助率 1/2 以内
募集期間 令和6年4月24日から令和6年7月12日まで(必着)
※募集期間後、都の審査により補助対象者を決定いたします 。
申請先 産業労働局 観光部 受入環境課
詳細URL https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/tourism/kakusyu/advanced-tech/index.html
※観光地における AI 等先端技術の活用事例等をご紹介するセミナーを令和6年6月12日に開催いたします 。詳しくは、上記「詳細URL」をご覧ください。

他の支援メニューをお探しですか?

ユニークベニュー施設の受入環境整備支援事業(令和6年度)

 東京都及び(公財)東京観光財団は、美術館や庭園など特別感を演出できる施設をMICEの会場、いわゆる“ユニークベニュー※”として利用する取組を推進しています。
 
※ユニークベニューとは、会議やイベント、レセプション等を特別感を演出しながら開催できる会場(歴史的建造物や美術館等)のことをいいます。

観光関連施設
補助金・助成金
情報発信 施設・設備整備

ムスリム等多様な文化・習慣に配慮した外国人旅行者受入のための アドバイザー派遣事業

 東京都では、インバウンド需要回復に備え、様々な文化・習慣・制限を持つ外国人旅行者が、安心して東京観光を楽しめる環境づくりを促進するためのアドバイザー派遣事業を実施します。
 各店舗や施設の状況・課題・ニーズに応じ、それぞれの分野・領域に精通したアドバイザーが皆さまの店舗・施設へ訪問またはオンライン形式にて、的確なアドバイスを行います。

宿泊業 飲食業 小売業 観光関連施設 その他観光関連事業者
専門家指導・助言
経営支援 インバウンド

プロジェクションマッピング促進支援事業助成金(令和6年度)

 都内の区市町村や観光協会等がプロジェクションマッピングを活用して旅行者誘致を行う場合に、必要な経費の一部を助成します。
 また、プロジェクションマッピング実施に当たっての相談に対し、ワンストップ で対応する「プロジェクションマッピング総合相談窓口」を新たに設置しましたので、ぜひご活用ください。

宿泊業 観光関連施設 その他観光関連事業者
補助金・助成金
観光商品等の開発

飲食事業者向けベジタリアン・ヴィーガン認証取得支援補助金(令和6年度)

 東京を訪れる外国人旅行者等が安心して東京での「食」を楽しめる環境整備の一環として、都内飲食事業者を対象としたベジタリアン及びヴィーガンに関する認証取得に係る補助を新たに開始いたします。

飲食業
補助金・助成金
人材育成・教育 情報発信 観光商品等の開発 インバウンド

バリアフリー情報発信支援事業補助金(令和6年度)

 東京都では、障害者や高齢者等が旅先で必要となるバリアフリー情報の充実に取り組んでいます。
 このたび、都内民間事業者に対して、観光施設に関するバリアフリー情報を提供するアプリ等の機能拡充に必要となる経費の一部を補助する「バリアフリー情報発信支援事業補助金」の募集を開始しましたので、お知らせします。

その他観光関連事業者
補助金・助成金
情報発信 ITデジタル化