東京観光産業ワンストップ支援センター > 支援メニュー検索結果一覧 > DXによる観光データ活用等支援事業(令和6年度)
受付終了

DXによる観光データ活用等支援事業(令和6年度)

宿泊業 旅客運送業 飲食業 小売業 観光関連施設 その他観光関連事業者
補助金・助成金 専門家指導・助言
経営支援 人材育成・教育 情報発信 観光商品等の開発 インバウンド ITデジタル化

 東京都では、区市町村や観光協会等を中心として観光関連事業者で構成されたグループが、データを活用して地域の観光振興を図る取組を支援します。
 本事業では、観光振興とデータ利活用に関する専門アドバイザーが、地域の観光課題の解決に向けたデータの取得・分析・活用のサイクルを伴走支援します。
 この度、令和6・7年度の2か年にかけて本事業の活用を希望される地域のグループを募集します。

支援対象 都内の区市町村又は観光協会等が中心となり、地域内の観光関連事業者(例:商店・交通・観光・宿泊事業者等)と連携して構成されたグループ
補助対象事業  データ活用による地域課題の解決と自立的・持続的なデータ利活用体制の構築を支援し、観光消費の向上や周遊の促進、誘客の拡大など、地域の目指す姿の実現をサポートします。

<本事業における経費支援について>
下記(1)~(4)に係る経費については運営事務局にて支援(負担)いたします。
なお、いずれも運営事務局が必要と判断したものに限ります。
(1) 課題に応じた適切なデータの収集及び購入
(2) 新たなシステムの構築・運用(データの分析結果を可視化する BI ツール等)
(3) 運営事務局のアドバイザーによる支援(※)に係る費用(観光課題の明確化、施策の企画立案、施策実施後の振り返り、改善策の立案等)
(4) 改善策の実施に係る費用(イベント開催費用やプロモーション経費等)※
※1支援グループ当たり 500 万円(税抜)を限度額とし、限度額を超える費用を要する改善策を実施する場合には、その差額は支援グループの負担となります。

支援の体制やイメージについての詳細は、「詳細URL」欄記載の東京都HPをご覧ください。
補助限度額 1支援グループ当たり500万円(税抜)以内
募集期間 令和6年5月8日から令和6年6月7日 17時まで
申請先 「DXによる観光データ活用等支援事業」事務局(株式会社リクルート内)
詳細URL https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/tourism/kakusyu/data-katsuyou/

他の支援メニューをお探しですか?

飲食店向け多言語コールセンター

(1)電話通訳サービス
飲食店の従業員が、外国人旅行者との接客時において外国語による意思疎通が困難な場合に、コールセンターのオペレーターが通訳を行う。
(2)翻訳サービス
店内の表示や料理の概要・食べ方、外国人旅行者からのメールでの問合せ等に関する翻訳を行う。

飲食業
その他お役立ちサービス
インバウンド

多摩・島しょ安定集客促進事業(令和6年度)

 東京都と公益財団法人東京観光財団では、安定集客促進に係る取組を支援し、多摩・島しょ地域の観光産業の持続的な発展につなげることを目指しています。
 このたび、年間を通じた安定的な旅行者の誘致を図るため、閑散期等の誘客につながるコンテンツの開発やイベント等を支援する「多摩・島しょ安定集客促進事業助成金」の募集を開始しますので、お知らせいたします。

旅行業 宿泊業 旅客運送業 飲食業 小売業 観光関連施設 その他観光関連事業者
補助金・助成金
経営支援 人材育成・教育 情報発信 観光商品等の開発 インバウンド 施設・設備整備

インバウンド対応力強化支援補助金(令和6年度)

 都内の宿泊施設、飲食店、免税店、体験型コンテンツ提供施設等が、訪都外国人旅行者のニーズに対応した利便性や快適性を向上させる目的で新たに実施する受入対応強化の取組を支援しています。

宿泊業 旅客運送業 飲食業 小売業 観光関連施設 その他観光関連事業者
補助金・助成金
人材育成・教育 インバウンド 施設・設備整備 感染症対策

建造物等のライトアップモデル事業費助成金(令和6年度)

 都内にある歴史的な建造物、集客施設、橋梁などの公共性のある建造物やモニュメント等をライトアップする取組に対して、その経費の一部を助成します。

観光関連施設 その他観光関連事業者
補助金・助成金
施設・設備整備

美術館・博物館等の観光施設の国際化支援補助金(令和6年度)

都内の民間美術館・博物館等の観光施設による外国人旅行者の受入環境の整備を支援しています。

観光関連施設
補助金・助成金
インバウンド 施設・設備整備 ITデジタル化 感染症対策