東京観光産業ワンストップ支援センター > 支援メニュー検索結果一覧 > 宿泊施設バリアフリー化支援補助金
受付中

宿泊施設バリアフリー化支援補助金

宿泊業
補助金・助成金
施設・設備整備

 東京を訪れる車椅子使用者や足腰が不安な方、目や耳が不自由な方、赤ちゃん連れの方などに、安全かつ快適に過ごしていただくために、都内宿泊施設のバリアフリー化への取組を支援しています。

支援対象 都内において旅館業法の許可を受けて「旅館・ホテル営業」「簡易宿所営業」を行っている施設
補助対象事業 バリアフリー化事業
(コンサルティング / 施設整備 / 客室整備 / 備品購入/実施設計)
補助限度額 (ア)施設整備
①延床面積 1,000 ㎡未満の施設:3,000 万円(6,000 万円)
②延床面積 1,000 ㎡以上の施設:2,500万円(5,000万円)
(イ)客室整備
①延床面積 1,000 ㎡未満の施設:4,200万円(8,400万円)※条件を満たした場合、4,800万円(9,600 万円)
②延床面積 1,000 ㎡以上の施設:3,500万円(7,000万円) ※条件を満たした場合、4,000万円(8,000 万円)
(ウ)備品購入
①延床面積 1,000 ㎡未満の施設 320万円
②延床面積 1,000 ㎡以上の施設 270万円
(エ) 実施設計
①延床面積 1,000 ㎡未満の施設 100万円
②延床面積 1,000 ㎡以上の施設 90万円
(オ)コンサルティング 100万円
※(イ)については、6室以上(改修前の客室数)バリアフリー化する場合、補助上限額が上がり ます(カッコ内の金額)
補助率 (ア)~(エ)①延床面積 1,000 ㎡未満の施設 4/5以内 ②延床面積 1,000 ㎡以上の施設 2/3以内 ※(イ)については、条件を満たした場合①9/10以内②3/4以内 (オ)2/3以内
募集期間 令和5年4月1日から令和6年3月31日まで
申請先 (公財)東京観光財団 観光産業振興部 観光インフラ整備課
詳細URL https://www.tcvb.or.jp/jp/project/infra/yado-barrier-free/

他の支援メニューをお探しですか?

観光経営力強化事業(第1回)

 都内の中小企業の観光事業者の事業の生産性向上や新サービス・商品の開発、体験型コンテンツ開発等を促進し、都内の観光産業の活性化につながる取組を支援しています。

旅行業 宿泊業 飲食業 小売業 観光関連施設 その他観光関連事業者
補助金・助成金 専門家指導・助言
経営支援 観光商品等の開発 施設・設備整備

観光関連事業者向け派遣型セミナー・アドバイザー派遣

 都内の宿泊施設・飲食店・小売店・観光関連団体等を対象として、旅行者受入に必要な知識習得や今後のインバウンド対応に向けた課題解決のための派遣型セミナー及びアドバイザー派遣を実施します。

宿泊業 飲食業 小売業 その他観光関連事業者
専門家指導・助言
経営支援 人材育成・教育 インバウンド

アドバイザーを活用した観光事業者支援事業補助金

 観光事業者の経営改善を早期に実現し、事業継続につなげていくことを目的に、観光事業者がアドバイザーの助言を受けて行う経営の改善や新しい事業の展開に向けた取組を支援しています。

旅行業 宿泊業 旅客運送業 飲食業 小売業 その他観光関連事業者
補助金・助成金
経営支援 人材育成・教育 情報発信 施設・設備整備

外国人旅行者受入に係る経営活力向上支援事業補助金

 東京都及び公益財団法人東京観光財団では、今後の本格的なインバウンド需要回復に合わせ、都内の宿泊事業者、観光バス事業者等に対して、収益確保に向けた経営力強化や人材育成等に要する経費の一部を支援します。

宿泊業 旅客運送業
補助金・助成金
経営支援 人材育成・教育 情報発信 インバウンド 施設・設備整備 ITデジタル化

【災害時対応】外国人旅行者の安全確保のための災害時初動対応マニュアル

 東京都では、緊急・災害時に観光関連事業者が外国人旅行者に対して適切な対応ができるよう、「外国人旅行者の安全確保のための災害時初動対応マニュアル」を、作成しています。

〈マニュアルの掲載内容〉
◆平常時から「やっておくべきこと」チェックリスト
◆第1部 初動対応のための基礎知識
◆第2部 災害の事前準備及び初動対応    
◆第3部 初動対応のための関連データベース

宿泊業 飲食業 小売業 観光関連施設
その他お役立ちサービス
経営支援